一人暮らし10年以上のあなたへ。がんばる自分を褒める3つの方法。

一人暮らしを始めて、今月でちょうど丸10年になります。

プロフィールにも書いてあるとおり、実家を出た当初は、カレーライスも満足に作れず、部屋の片づけもできませんでした。

「こんな私が、ちゃんと生きていけるのかな……」

たったひとり、段ボールが積まれたままの部屋で、真新しい布団に身を横たえても、不安で眠れなかったのを覚えています。

それでも、コツコツと家事と仕事をがんばって、自分を生かし続けることができました。

「今までよく、がんばったね!」と、自分に声をかけてあげたいです。

ところで、一人暮らしが長いあなたに質問です。

あなたはちゃんと、自分を褒めてあげていますか?

一人暮らしを続けていると、慣れが生じてしまいがちだけど、陰ながら努力をしていることは、決して当たり前ではありません。

記念日でなくても、時には自分に感謝してあげてくださいね。

以下、自分を褒める方法を3つ、紹介します。

ゲーム感覚でいいので、試してみてくださいね。

(一人暮らしをしたことがない人にも、おすすめです)

スポンサーリンク

自分を褒める3つの方法

1.自分に誉め言葉をかける

・めんどうくさいけど、部屋の掃除をする。
・疲れているけど、メークを落としてから眠る。
・忙しいけど、お弁当を作って出勤する。
等々…

こんな風に、嫌々ながらも何かをがんばったとき、実際に声を出して、自分に誉め言葉をかけてあげてください。

「よくがんばったね!」という風に、どんな些細なことでも。

すると、脳は褒められて快感を得たにも関わらず、「〇〇をしたら快感を得るんだ」と、すりかえ学習をしてくれます。

その結果、嫌々していたはずの〇〇も、不思議と「またがんばろうかな」という気持ちになれます。

やる気が出ないことに対して、やる気を起こさせる意外な方法について、こちらにも書いています。⇒部屋を片付けるのが面倒くさいとき…やる気が出る裏ワザあります。

2.自分の体を労わる

・お風呂上りに、足をマッサージしてあげる。
・お肌の乾燥が気になるときに、念入りにケアしてあげる。
等々……

自分のプロポーションや肌の質感などに対して、ネガティブになることもあるかもしれませんね。

それでも、毎日がんばって生きている体です。時には労わって、褒めてあげてくださいね。

たとえば、一日の終わりに足のマッサージをするにしても、「ああ、足が太いな……」と溜息をつくだけじゃなくて、「今日もお仕事お疲れさま」という風に。

足のマッサージに関しては、こちらを参考にしてくださいね。⇒一人でも簡単。足のセルフマッサージをおすすめしたい3つの理由。

3.自分が楽しめることを行う

・オーディオプレイヤーで、音楽を聴く。
・お気に入りの作家の本を、毎晩ちょっとずつ読み進める。
・天気のいい日に公園を散歩する。
等々…

一人暮らしの長い人ならきっと、自分が心地よくなるような過ごし方を熟知しているはず。

そんな、ご褒美のような時間を、自分にプレゼントしてあげてください。

以前このブログで紹介した、「本当は結婚したいのかも、と思いはじめたあなたへ」(原題:The Surrendered Single)の著者、ローラ・ドイルも、一日に三つの楽しみを行うことを勧めています。

(”The Surrendered Single”については、こちらからどうぞ⇒おひとりさまでも寂しさに強くならないで。孤独は魅力になります。

人生を楽しめば楽しむほど、魅力的な女性になれます。不幸な悲観主義者と一緒にいたいとはだれも思わないし、そんな人とはいい友達にもなれません。自分が幸せな気分になれる楽しみを二十個リストアップして、そのうち三つを毎日実行してください。

いい気分になれることなら、何でもいいのです。熱いお風呂、焼きたてのクッキー、疲れた時の居眠り。友人とのおしゃべり、映画や小説、大好きなテレビ番組。ビーチに行くこと、プールでくつろぐこと、スポーツに参加すること、新しい口紅を買うこと、昼休みを長めにとること、おいしいものを食べること、美術館を訪ねること、髪を切ること、新しい枕を買うこと。これらはみんな、自分を大切にすることにつながります。

【まとめ】一人暮らしを10年以上続けているあなたへ。

自分を褒める方法を3つ、紹介しました。

1.自分に誉め言葉をかける
2.自分の体を労わる
3.自分が楽しめることを行う

いかがでしたか?

一人暮らしを10年以上も続けていることは、実はすごいことなのかもしれないと、私自身を振り返ってみても思います。

くり返しますが、陰ながら努力をしていることは、決して当たり前ではありません。

記念日でなくても、時には自分に感謝してあげてくださいね。

コメント