小江戸・川越一人旅。今の東京にない江戸の町並みがここに。

今日は川越の街を案内します。

川越は歴史ある城下町。小江戸とも呼ばれているんですよ。

今も残る蔵造りの町並みを歩いていると、江戸情緒にひたることができます。菓子屋横丁で、童心にかえるのもいいですね。

一人でふらっと小旅行するのに、ぴったりです。

(川越駅~小江戸蔵里~大正浪漫夢通り~蔵造りの町並み~菓子屋横丁。以上の順で案内します)

スポンサーリンク

1.川越駅

川越の中心地には、主に3つの駅があります。

・本川越駅(西武新宿線 西武新宿駅から約60分)
・川越駅(JR川越線 上野駅から約55分)
・川越市駅(東武東上線 池袋駅から約35分)

主な観光スポット(蔵造の町並み、菓子屋横丁)には、どの駅からも歩いていくことができます。

今回は川越駅から出発。

観光案内所では、地図や資料などをいただくことができて便利です。

2.小江戸蔵里

本川越駅から、徒歩3分くらいのところにあります。(川越駅からは、徒歩15分ほど)

酒蔵だった建物を活用した観光施設です。

おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、ききざけ処(昭和蔵)と、つどい処(展示蔵)があります。

上の写真はふたつとも、おみやげ処。

外観も室内も、味があっていいですよね。

川越のお土産がいっせいに集まっていて、見て歩くだけでも楽しいです。

3.大正浪漫夢通り

大正ロマンが漂う町並みとのことですが…正直、そこまで大正の香りはしません(笑)

でも、石畳の道を歩いていると、懐かしくてほっとするような気持ちになれます。

ゴールデンウィークの頃には、頭上にたくさんの鯉のぼりが泳いで圧巻です。

川越商工会議所。雰囲気のある建物ですね。(国指定有形文化財です)

4.蔵造りの町並み

川越の観光地と言ったら、まっさきに思いつくのが蔵造りの町並み。

今の東京では見ることができない江戸の面影が、ここに残っています。

(重要伝統的建造物群保存地区に指定されています)

川越のシンボル、時の鐘

今も現役で、1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)、鐘の音を響かせています。

ちなみに、2018年3月には、「スターバックス川越鐘つき通り店」がオープン。町並みに溶け込んだ建物で、話題になっています。

蔵造りの町並みには、和菓子屋さんや雑貨屋さんなど、たくさんのお店が連なっています。

特にオススメしたいのが、「川越まめ屋」。きなこ豆をはじめとした、たくさんの種類のお豆を試食することができます。


埼玉りそな銀行川越支店。美しい洋風建築です。(こちらも国の登録有形文化財)

川越元町郵便局。建物もポストもレトロです。(そういえば川越では、よく丸いポストを見かけます)

…ん?これはゆるキャラじゃないと思うけど。

何だかカワイイので、写真を撮らせてもらいました(笑)

5.菓子屋横丁

駄菓子屋さんを中心に、20数軒のお店が並んでいる菓子屋横丁

夕焼けが似合いそうな路地。青空もいい感じ。ノスタルジックにひたることができます。

焼き団子を食べ歩き。川越は団子で有名で、たくさんの団子屋さんがあります。

川越ベーカリー楽々。狭山茶のあんぱんや、秩父味噌のパンなど、地元の素材を生かしたパンが、美味しいです。

玉力製菓。手作りの飴屋さんです。見ているだけでも、ワクワクします。

よつ葉のクローバーの飴を、お土産に持って帰りました。

6.まとめ

川越の町をご案内しました。

いかがでしたか?

私は一人でふらっと川越を散歩することが多いです。足を運ぶたびに、味わい深い町だと実感しています。

それなのに、「川越行ったことある?」と埼玉に住んでいる人に聞いてみても、ほとんどの人が行ったことないって言うんですよね……本当にもったいない!

こんな風に、江戸時代にタイムスリップした気分にひたれる町は、そうそうないと思います。

お近くの方にも、ちょっと遠い方にも、おすすめです。

☆ブログランキング参加中☆

↓応援のクリック、励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

埼玉おすすめ情報
スポンサーリンク
マホをフォローする
おひとりさまの本音

コメント