アラフォー・40代の未婚率が増加中。結婚できる確率は?

私は40代・アラフォーの独身女性です。

今まで一度も結婚したことはありませんが、全く結婚したくないと言ったら嘘になります。

「いつかは結婚したいな~」とおぼろげに夢みることなら、正直あります。

じゃあ、私と同じ年代で未婚の人は、どれくらいの確率で結婚できるんだろう?

今回は、

・アラフォーの未婚率
・アラフォーで結婚できる確率

について調べてみました。

スポンサーリンク

アラフォーとは?今現在のアラフォー世代の特徴について

アラフォーと言えば、40歳前後の人のこと。

2008年には流行語大賞にも選ばれましたね。

今(2019年)現在、アラフォー世代に当たるのは、ほぼ氷河期世代です。(ロストジェネレーションとも言います)

学生時代に就職するのが難しかったように、結婚したくてもさまざまな壁にぶち当たることが多いかもしれません。

そのなかでも大きな問題なのは、やはり収入面でしょうか。

「安定した仕事に就いていないから、結婚したくてもお金がない」
「婚活するにしても、資金がない」

そもそも結婚したくないという人も、増えていますよね。

「ひとりで生きるだけの稼ぎはあるし、マンションも買っちゃった」
「実家で暮らす方が楽だから、今さら他人と暮らせない」

ロストジェネレーションは、結婚に対する価値観も、多様化している世代なのかもしれません。

それ以前の団塊世代やバブル世代と比べても、晩婚化や未婚化も進んでいますよね。

アラフォーの未婚率はどれくらい?

アラフォー世代で今まで誰とも結婚したことない人は、どれくらいの割合でいるのか。

国勢調査をひも解いてみました。

(40代後半の人のデータも、いっしょに載せています)

参考 平成27年国勢調査 最終報告書「日本の人口・世帯」統計表

男性

2010年(平成22年)

  • 35歳~39歳の未婚率 35.6%
  • 40歳~44歳の未婚率 28.6%
  • 45歳~49歳の未婚率 22.5%

2015年(平成27年)

  • 35歳~39歳の未婚率 35.0%
  • 40歳~44歳の未婚率 30.0%
  • 45歳~49歳の未婚率 25.9%

30代後半の男性で、約3人に1人は未婚なんですね!

40代後半の男性でも、約4人に1人は未婚です。

2010年と比べると、2015年の方が、40代の未婚率が増えているのが分かるでしょうか?

女性

2010年(平成22年)

  • 35歳~39歳の未婚率 23.1%
  • 40歳~44歳の未婚率 17.4%
  • 45歳~49歳の未婚率 12.6%

2015年(平成27年)

  • 35歳~39歳の未婚率 23.9%
  • 40歳~44歳の未婚率 19.3%
  • 45歳~49歳の未婚率 16.1%

女性は男性と比べると、未婚率が少なくなりますね。

それでも30代後半の女性のうち、約4人に1人は未婚。

40代前半の女性は、約5人に1人は未婚です。

私の周りにいる、同世代の人を見てみても、やはり結婚していない人は多いです。類は友を呼んでいるだけなのかな?と思っていましたが、そうでもないんですね。

生涯未婚率とは?50歳過ぎると一生独身なの?

「生涯未婚率」とは、50歳の時点で結婚をしたことがない人の割合のことを言います。

具体的には、「45~49歳」と「50~54歳」未婚率の平均値から算出されます。

「へ?なんで50歳が基準なの?」

と、個人的には疑問に感じます。50歳を過ぎたら、結婚する可能性は低いと考えられているからでしょうか?

57歳で結婚した浅野ゆう子さんや、63歳で結婚した阿川佐和子さんのように、もちろん例外だってあります。(ちなみにお二人とも初婚です)

生涯未婚率は、絶対的なものではなくて、指針と考えていいでしょう。

2010年(平成22年)

  • 男性 20.1%
  • 女性 10.6%

2015年(平成27年)

  • 男性 23.4%
  • 女性 14.1%

生涯未婚率も、2010年と比べると、2015年の方が増えていますね。

アラフォーが5年後に結婚する確率は?

さて、アラフォー世代の人が結婚する確率は、どのように計算すればいいか。

たとえば私は、単純にこう考えていました。

(A)2010年の時点で未婚だった35歳~39歳の人の割合
(B)2015年の時点で未婚だった40歳~44歳の人の割合
(A)から(B)を引き算すればいいんじゃない?これで大体の確率はわかるよね?

上で紹介した国勢調査の結果をもとに計算してみると、女性の場合は、次のような結果になります。

(A)23.1%-(B)19.3%=3.8%

「え?わずか3.8%しか結婚しないの?」

ちょっとびっくりするような確率になってしまいますよね。

でも、この計算方法には間違いがあります。

これよりも正しい計算方法を解説している記事を、ネットで見つけました!

参考 未婚男性を追い込む「3%説」に隠されたウソ

こちらの記事によると、「2005年の35~39歳未婚者のうち、5年後までに結婚できた人数」は、以下の通りです。

  • 男性 6.8%
  • 女性 6.9%

最新のデータとは言えませんが、参考になるかと思います。

3.8%と比べると、希望がもてる数字ですね。

アラフォーで未婚でも、数字に縛られずに生きたい。

アラフォー世代の未婚率や、結婚する確率について、触れてみました。

ここで大事なことは、この数値はあくまで目安であること。

結婚したい人も、したくない人も、全部このなかに含まれています。

結婚に前向きで、婚活もしている人は、パートナーと結ばれる確率がもっと高まるんじゃないかなと思います。

それに、先ほども書いたとおり、結婚に関する価値観も多様化していますよね。

結婚すれば自動的に幸せになれるとは限らないし、結婚しなくても幸せな人はたくさんいます。

私も数字に縛られることなく、自分らしく生きたいなと思います。

 

※私の知り合いには、40代で結婚した人もいます!
好きなことをやっていた方が、出会いは広がりますね。
↓↓↓

40代独身なら、趣味を生かした方がステキな出会いがあると思う話。
私の友だちで、40代で結婚された方がいます。 彼女が未来の旦那さまと出会ったのは、なんと文学の集い。 そんなお堅めの場所で、恋が芽生えるなん...

※実は未婚でも、ウェディングドレスは着たことあります。
ソロウェディングについてはこちら。
↓↓↓

ソロウェディングってどう?40代独身女性が赤裸々に語ってみました。
おひとりさまブログを運営している関係上、おひとりさま向けのサービスを調べることが多いです。 そんな私でも、驚くようなサービスを見つけてしまいました...
☆ブログランキング参加中☆

↓応援のクリック、励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

40代独身の生き方
スポンサーリンク
マホをフォローする
おひとりさまの本音

コメント