共感度120%!「結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日」

「結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日」を読みました。

思いがけず心に沁みて、誰かと感想を共有したいのに、主人公のすーちゃんと同じく、私もおひとりさまです。小さくて古いアパートの一室で、口をつぐんだまま、眠れない夜を過ごしてしまいました。

余韻が残るうちに、このブログに感想を綴りたいと思います。

スポンサーリンク

「結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日」あらすじ

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫)

この本は益田ミリさんによる、ハートフルな4コマ漫画。

すーちゃんシリーズとして現在4冊発刊されているうちの、2冊目に当たります。(これだけ読んでも、充分話は楽しめます)

文庫の裏表紙には、こんな風に書かれています。

このまま結婚もせず子供も持たずおばあさんになるの?スーパーで夕食の買い物をしながら、ふと考えるすーちゃん36歳、独身。ヨガ友達のさわ子さんはもうすぐ40歳。寝たきりの祖母と母との3人暮らしで、13年間彼がいない。恋がしたい。いや、恋というより男が欲しい。女性の細やかな気持ちを優しく掬いとる、共感度120%の4コマ漫画。

引用元:結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日(益田ミリ 著)

主な登場人物は、すーちゃんと、さわ子さん。

すーちゃんがヨガスタジオに通いはじめたところ、昔のバイト先の先輩であるさわ子さんと再会します。

すーちゃんは、カフェの店長として働いていて、ひとり暮らし。
さわ子さんは、経理事務をしていて、祖母や母と同居。

ライフスタイルは違っていても、共に30代で独身。彼氏もいません。

結婚のこと、出産のこと、仕事のこと、老後のこと、等々……ひとりでいると、とりとめもなく考えてしまいますね。すーちゃんも、さわ子さんも、さまざまなことを考えますが、その問いかけには、完成された答えというものがありません。

そんな二人のモノローグが、あまりにもリアル。同世代の独身女性なら、きっと分かりすぎてしまうものばかりです。

「共感度120%」というキャッチコピーは嘘じゃない

「共感度120%の4コマ漫画」

文庫本の背表紙にあるキャッチコピーは、決して言い過ぎではないと思います。

100%共感できる本なら、ただ頷いて終わってしまうだけでしょう。ところが、すーちゃんシリーズは、+αがあります。

「あ、私もこんなことを不安に思っていたんだ」
「そうそう、こんなことにムカつくよね!」
「うん、こんなときが、切ないんだよね……」

すーちゃんたちに自分を重ねて読み進めていると、気づいているようで気づかなかった感情に光が当たります。なかには盲点を突かれて痛い感情もあるけれど、それさえも心地いいのです。

すーちゃんシリーズの+αは、そんな感情に気づかせてくれて、なおかつ、すくいとってくれるところにあります。

たくさん考えたおばあさんになりたい

以下、ネタバレになりますが、モノローグを引用しますね。

すーちゃんが、「寝たきりなんか絶対にやだな~」「元気で長生きがいちばん!!」と思ったあとに、つぶやいたモノローグです。

誰が 好きこのんで 寝たきりになりたい?
なりたい人なんかいるわけない
なりたくてなる人なんかいるわけない

「元気で長生きがいちばん」って もしかしたら誰かを
キズつけてる言葉なのかな?

知らず知らずのうちに鈍感になってる
自分の言っていることの意味を考えなくなってる

気をつけなくちゃ
たくさん考えて
たくさん考えたおばあさんになるのだ~

引用元:結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日(益田ミリ 著)

私は、このモノローグに出会ったとき、ハッとさせられました。

「あっ、考えすぎるくらい、考えてもいいんだ」……って。

私も40代で独身だから、悩むことは沢山あります。すーちゃんや、さわ子さんのように、将来のことを考えたらきりがありません。

それでも、考えなくなる方が、むしろ怖いんですよね。知らないうちに鈍感になって、うっかり誰かをキズつけてしまうかもしれません。

「悩んでもいいんだ」……って、肯定されたような気がして、ホッとしました。

すーちゃんや、さわ子さんは、どんなことでも素直に正直に考えているから、優しさが滲み出ているのかもしれませんね。二人の人柄がいいので、物語を読んでいて救われます。

私もたくさん考えたおばあさんになりたいです。

 

※すーちゃんシリーズは、2013年に映画化されています。

主演は、柴咲コウさん、真木よう子さん、寺島しのぶさん。

こちらも気になります~


すーちゃん まいちゃん さわ子さん [DVD]

☆ブログランキング参加中☆

↓応援のクリック、励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

読書感想文
スポンサーリンク
マホをフォローする
おひとりさまの本音

コメント