一人暮らしなら注意したい、うっかり寝落ちしない対策法。

夜、家にいる時、うっかり寝落ちしてしまうことはありませんか?

家事をしたり、お風呂に入ろうと思っているのに、身体が言うことを聞かず、ついついウトウト。

夕ごはんを食べた後は、特に眠くなって、床にゴロンと寝転がったら最後。

目覚めたら朝を迎えていたということは、ないでしょうか?

私は疲れているとき、寝落ちしてしまうことがわりと多いです。

昨夜もコンタクトレンズを付けたまま、メイクも落とさないまま寝てしまいました。夜中の2時ぐらいに目が覚めて、鏡を見たときは、顔がホラー状態(苦笑)

重たい瞼を必死に開けて、レンズを外そうとしても、眼球にぴったり張り付いてなかなか外せません。ようやくレンズが取れたときは、目が真っ赤になってしまいました。

寝落ち、恐るべし。

しかも、一人暮らしだと、誰も起こしてくれないんですよね。

一人で暮らしている以上、一人で何とかするしかない「寝落ち対策」について、考えてみました。

スポンサーリンク

一人暮らしでの寝落ち対策3選

1.早めに寝る準備をする

「今日はちょっと疲れているかも」と思うときは、いつ眠りに落ちてもいいように、寝る準備をしておいた方がいいかもしれません。

  • 顔を洗ってメイクを落とす
  • 今日中にやりたい家事をやっておく
  • 部屋着やパジャマに着替えておく
  • 布団を敷いておく

等々…

「もう眠い」と思ったときは、すぐに布団で横になれると、安心ですよね。

それでも、今日中にやりたいことがあって、まだまだ眠れないときはどうしたらいいか。

そんな時の対策法については、次の項目以降に進んでください。

2.アラームをセットして仮眠する

眠たいけれど、どうしてもしなければならない用事があるとき。

いっそ仮眠をした方が、身体がすっきりして、用事もこなせるかと思います。

私は目覚まし時計のアラームを10~20分後くらいにセットして、仮眠するようにしています。

でも、この方法には2つの注意点が。

  • 仮眠のつもりが、本当にぐっすり眠ってしまうこと。
  • 仮眠をしすぎて、実際眠りたいときに眠れなくなること。

仮眠をするときは、ほどほどにした方がいいかもしれません。

3.カフェインを摂取する

眠気を覚ましたいときは、コーヒーやお茶を飲むのも効果的。

ただし、カフェインも摂取しすぎてしまうと、不眠になってしまう恐れがあります。

(例えばコーヒーの場合、その人の体質にもよりますが、1日あたり3~5杯にとどめた方がいいと思います)

カフェインを控えたいときは、ガムを噛むのもいいかもしれません。

疲労解消と睡眠リズムを整えることが、何よりも対策法。

一人暮らしでの寝落ち対策について、考えてみました。

いかがでしたか?

私もネタにできるくらい、寝落ち経験があります。

・着替え途中に、下着姿で寝てしまった。
・コタツに足を突っ込んで、出勤着のまま寝てしまった。
・お風呂に入ったまま寝そうになって、あやうく溺れそうになった。

こうして書くと、笑いたくても笑えないネタばかりですね。

一人暮らしだとボケっぱなしで、ツッコミを入れる人がいないから、本当に注意が必要です。

そもそも寝落ちするときは、疲れもたまっていて、寝不足のことが多いです。疲れを解消して、睡眠リズムも整えることが、何よりの対策法かもしれません。

(私も気をつけます……)

コメント