国立西洋美術館のモネが最高。落ち着けて、癒されて、しかも無料!?

「東京でひとりでも気軽に行ける美術館は?」

そう聞かれたら、私はまっさきに「国立西洋美術館」と答えるでしょう。

国立西洋美術館って、そう、世界文化遺産にも登録されている有名な美術館。「敷居が高いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そんなことありません。

まずは、上野駅の公園口から徒歩一分という近さ。道に迷うことがありません。

それから、ル・コルビュジエが設計した建築や、前庭にあるロダンの彫刻、ミュージアムショップを見るだけでも、アートの世界に浸ることができます。

なにより、常設展が素晴らしいです。中世末期から20世紀初頭にかけての西洋美術を、いつでも思う存分に味わうことができます。

私は常設展のなかでも、「モネの部屋」が大のお気に入り。

今日はその魅力についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

国立西洋美術館・常設展の「モネの部屋」

クロード・モネ(1840-1926)は、印象派を代表するフランスの画家。

モネの絵だけが飾られている部屋が、国立西洋美術館の常設展にあって、私は密かにここを「モネの部屋」と呼んでいます。

モネと言えば、「睡蓮」の連作で有名ですね。そのうちの一つが、実はこの部屋にあります。縦横2メートルにおよぶ、とても大きな絵です。

睡蓮の夢のような色合いを感じながら、物思いにふけるのは、とびきりの贅沢です。

ふたりや大勢で行くのもいいかもしれないけれど、ひとりになりたい時に、特におすすめしたい場所ですね。ひとりでいることが、心地よく感じられます。

私は上野を歩き回って、ちょっと疲れたと思ったら、「モネの部屋」に立ち寄ることもあります。カフェで一杯のコーヒーを口にするよりも、モネの絵に囲まれて深呼吸する方が、疲れが癒えるからです。

もう何十回くらい、ここに足を運んだことか。

「どんだけ好きやねん!」って、我ながらツッコミを入れたくなります(笑)

「モネの部屋」の魅力的な絵の数々

「モネの部屋」には、どんな絵があるか。

その一部を紹介しますね。

※常設展は一部を除き、撮影OKです。


ラ・ロシュ=ギュイヨンの道

モネは奥様のカミーユを亡くされてから、苦しい日々を過ごしていましたが、この絵を描き始めた頃から、だんだんと絵に明るい雰囲気が戻ってきました。

 


セーヌ河の朝

柳が風に揺られ、川面に垂れる姿がきれい。自然の移ろいを一瞬で捉えようとする、モネの筆遣いが感じられます。

 


舟遊び

なんとこの絵の構図は、浮世絵からヒントを得たとのこと。モネは浮世絵のコレクターとしても知られています。

 

※常設展の作品は、公式サイトでも検索できます。(2Fの9番が「モネの部屋」の場所です)⇒国立西洋美術館(常設展)

 

国立西洋美術館は、おひとりさまにおすすめ。

国立西洋美術館の魅力を、モネの絵を中心にお話ししました。

いかがでしたでしょうか?

常設展は、金曜日と土曜日は夜間も開室されているので、お仕事や遊びの帰りにも立ち寄りやすいです。毎月の第2、第4土曜日は、無料で観ることもできるんですよ。

おひとりさまの美術館入門には、ぴったり。

美術館を体験してみたいあなたに、ぜひおすすめです。

 

国立西洋美術館

コメント