コートの捨て時はいつ?断捨離に迷わない4つの基準

断捨離しようと決意したとき、洋服を捨てることに迷う人は多いと思います。

私も最近、冬が終わるにあたって、ようやく古いコートを捨てることができました。

コートってなかなか、捨てられなくないですか?

シンプルなデザインだと、流行に関係なく着られるかなと思うし、何年も着ていると、思い入れも強くなるんですよね……

そんな訳で、コートはどのようなタイミングで捨てるべきか、調べてみました。

スポンサーリンク

コートの寿命は何年?

まずは、コートの一般的な耐用年数について。

こちらのサイトによると、以下の通りになります。(あくまで目安なので、参考程度にしてくださいね)

ウールコート……5年
ダウンコート……3~4年
ジャケット……3年

引用元:服の寿命の見極め方と長持ちさせるコツ(All About)

コートの捨て時を決める4つの基準

では、コートはどのような時に捨てればいいか。

4つの基準を考えてみました。

(コートに限らず、他の服を捨てるときにも応用できる基準です)

1. 傷んだり古びていないか
2. 流行遅れになっていないか
3. 自分に合っているか
4. 次の季節も着たいと思うか

順を追ってお話ししますね。

1. 傷んだり古びていないか

・糸がほつれていないか。
・ボタンがとれていないか。
・生地がくたびれていないか。
・変な匂いがしないか。

コートを隈なくチェックしてみましょう。

鞄を背負っている部分は、生地が擦れやすいので、意外と毛玉ができやすい箇所でもあるんですよ。見てみるといいかもしれないです。

2. 流行遅れになっていないか

洋服の旬は早いです。

コートはシンプルなデザインのものが多く、流行に左右されないように見えますが、微妙に時代遅れになっていることもあります。

3. 自分に合っているか

コートは体形を隠してくれるものが多いので、ちょっと体形が変わったからといって、着られないことはないかもしれません。

それでも、身体のラインに合わない場合は、残念ながら捨て時かもしれません。

それから、歳を重ねるにつれて、今まで自分を素敵に見せていた服が、輝きを失せることもあります。

「今の自分にはこの服は合わない」と思ったら、もっと自分に似合う新しい服を探して、古いものは着ない方がいいかもしれません。

4. 次の季節も着たいと思うか

「次の冬が来ても、またこのコートを着たいと思えるか」

これが一番、大事な基準だと思います。

片づけで有名な近藤麻理恵さんは、オフシーズンに服を捨てることをお勧めしていて、服を捨てる基準についてこう仰っています。

オフシーズンの服がそれぞれときめきを感じるかどうか確かめるための、おすすめの質問が一つあります。それは「次の季節にぜひ、会いたいか」。

引用元:人生がときめく片づけの魔法(近藤麻理恵 著)

コートを捨てる時は、感謝の気持ちを忘れずに。

コートを捨てるタイミングについて、考えてみました。

いかがでしたか?

コートは他の服よりも長い年月かけて着ているので、思い出がたくさんありますよね。

そんなコートを手放すのは、さすがに躊躇うこともあるかもしれませんが、感謝をこめて送り出してあげるのがいいと思います。

自分の身体を北風から守ってくれた、大事なコートです。

ちなみに、私が今回捨てることにしたのは、グレーのロング丈のものと、オレンジのミドル丈のものの二つです。

タンスの肥やしにするのは可哀そうなので、気持ちよく手放すことにしました。

どんな物を断捨離するときもそうですが、感謝をこめて「さよなら」したら、意外と後悔はしないものです。

コメント