夜片付けて朝すっきり。毎晩ちょっとずつの習慣で部屋がきれいに。

忙しくしていると、片付けをついつい後回しにしていないでしょうか。

洋服は床に脱ぎっぱなし、食器は洗わないままテーブルに置きっぱなし、等々……

そのままくたびれて寝てしまったら、目覚めたときに嫌な気分になりますよね。

夜のうちに片付けを済ませた方が、朝の目覚めもいいし、一日をスムーズに進めることができますよ。

私も先月、真夜中に帰宅する日が続いて、とんでもなく部屋が荒れてしまったのですが、その日のうちに整理するようになったら、だんだんとキレイになりました。

片付けは、毎晩ちょっとずつ行った方がいいと、実感しているところです。

スポンサーリンク

夜、片付けるといい理由

片付けを朝に持ち越さないで、夜のうちに行った方がいい理由として、気持ちも段取りもよくなることが挙げられます。

1.朝の目覚めが気持ちよくなる。

朝、最初に見るものが、きれいに片付いた部屋だったら、やっぱり気持ちがいいですよね。

これが汚部屋だったら、起きるのも億劫になりそうです(笑)

2.朝の段取りがよくなる

もしも夜、散らかしたまま眠ってしまったら、朝はマイナス地点からスタートしなければなりません。

クローゼットから洋服を選ぼうとしても、ぐちゃぐちゃなままでは、身支度もスムーズにできません。

キッチンで料理をしようとしても、食器が水につけっぱなしだったら、洗うところから始めなければなりません。

一日のはじめに、こんなにジタバタしていたら、先が思いやられますよね。

朝をトントン拍子で進めたかったら、夜のうちに片付けを済ませておくのがベターです。

夜の片付けは、毎晩ちょっとずつでいい。

以上が、夜のうちに片付けた方がいい理由です。

とは言っても、疲れきっているときは、なかなか片付けできないですよね。

「片付けよりも寝ることを優先したい」

そう思う気持ちも、とてもよく分かります。

そんなときは、毎晩ちょっとずつでいいので、片付けることをおすすめします。「毎晩」「ちょっとずつ」というのが、ポイントです。

私が先月、とても忙しかったのは、前述の通りです。

あまりに疲れていたので、どんなに部屋が散乱している夜も、「朝になってから片付けよう」と思っていました。

ぐっすり眠ってから片付けた方が、さっさと体も動くだろうし、効率的だと考えていたんです。

ところが、いざ起きてから片付けようとしても、なかなか部屋はキレイになりませんでした。

そのうち、「まとまった時間がとれてから片付けよう」と思うようになりましたが、その時間をとることもできません。

そこで思い付いたのが、「毎晩」「ちょっとずつ」片付ける作戦。

片付ける気がなくても、とりあえず体を動かしていれば、だんだんとヤル気が出るだろうと思いました。

(それにはちゃんと心理学的な根拠があります。詳しくはこちら⇒部屋を片付けるのが面倒くさいとき…やる気が出る裏ワザあります。

そしたら、日を経るごとに、部屋はキレイになりました。

私はつくづく思いました。

片付けは習慣にすればいいのだと。

たとえば、本や家電など、使ったものを元の位置に戻す習慣が身につけば、置きっぱなしということがなくなりますよね。散らかることもなくなります。

要は、部屋が片付いた状態を、キープすればいいのです。

そんな訳で、私は片付ける習慣を身に付けるために、「毎晩」「ちょっとずつ」を心がけている真っ最中です。

忙しいときでも、それならできそうな気がしませんか?

コメント