「新しい地図」の3人から学んだ、本音で生きることの大切さ。

今日は「72時間ホンネテレビ」(以下、ホンネテレビ)の感想を書きたいと思います。

ホンネテレビは元SMAPの香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんの3人が、AbemaTVで72時間ぶっ通し生配信に挑んだ特番のこと。

知っている人、実際に観た人も、多いかもしれませんね。

放送されたのが2017年11月2日~5日だから、今更という感じもありますが、数か月経った今も忘れることができません。

スポンサーリンク

SMAPは不思議と身近に感じられるアイドル

正直にいうと、私はそんなにSMAPのファンではありませんでした。

とは言っても、メンバーは私と同じ世代で、しかも木村拓哉さん以外はみんな独身。

しかも、私の大学時代の友人が、なんと慎吾くんと同じ小学校の同じ学年だったんです!(そのことを初めて聞いたときには、びっくりしました!)

そんな共通点もあって、SMAPは他のアイドルと比べると、不思議と身近に感じられるアイドルでした。

だから、事務所の問題で解散したときには、なんだか切なかったな……事務所を退所した香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さんには、エールを送りたい気持ちでいっぱいです。

「72時間ホンネテレビ」の感想

で、肝心の、「ホンネテレビ」の感想ですね。

上にも書いたとおり、私は熱心なSMAPファンではありません。でも、そんな私の心も鷲づかみにしてしまうくらい、「ホンネテレビ」は面白かったです。

時間さえあればパソコンやスマホから、ちょこちょこ番組をチェックしていましたもん。今までAbemaTVどころか、インターネットTVそのものも観たことなかったのに。

特に、元メンバーの森且行さんと3人が再会したシーンでは、思わず目頭が熱くなりました。

さて、今更なんで、「ホンネテレビ」の感想を書こうと思ったのか。

単純に面白かったということもあります。

それ以上に、彼らが素の自分をさらけ出していたことに、感動しました。

今まで言いたくても言えなかった「ホンネ」。事務所やその他からの圧力もあって、きっと心の奥底にずっしりと抱えていたと思います。

それを、ようやくファンに対して、「ホンネ」を伝えることができた、彼らの喜びと言ったら……

「ホンネ」を口にすると、表情も気持ちも、ここまで晴々とするんですね。

本音で生きた方がきっと楽になる

私も私なりに、口に出したくても、なかなか出せないような本音はあります。

人目が気になるというのもあるし、自分の心にブロックをかけているというのもあります。

これを読んでいるあなたにも、そんな本音があるかもしれませんね。

でも、「新しい地図」の3人から、私は学びました。

本音で生きた方が、きっと楽になることを。

この春には、彼らが主演の映画「クソ野郎と美しき世界」の公開も予定していますし、AbemaTVではレギュラー番組「新しい別の窓」がスタートするとのこと。

彼らにはこのまま、本音の部分を大切にしてほしいと思います。

コメント