一人暮らし・無職・病気療養中のアラフォー女性だった私が立ち直った方法。

私は無職になって、病気療養をしていたことがあります。

そのことについては、以前もこのブログに書きましたが、今回は詳しく綴りたいと思います。

(ちなみにこちらの記事です⇒おひとりさまのアラフォーOLの私が、節約に目覚めたきっかけ。

一人暮らしなので、24時間誰とも会わないまま、アパートの狭い部屋で痛みを抱えこむ日が続きました。当初はトイレに行くのも大変だったのに、身の回りことは全部自分で世話するしかありません。

でも、黒歴史かと言ったら、決してそうじゃないんですよね。当時の自分がいるから、今の自分がいると思っています。

似たような経験をされている方にとって、何かの励みになれば幸いです。

スポンサーリンク

一人暮らしの私が無職になって病気療養をした理由

まずは私が無職になった経緯について、簡単に話したいと思います。

私は長く勤めた会社を辞めた後、わりとすぐに他の会社に就職が決まりました。

ところが、その会社が肌に合わなかったんですね。体調をいちじるしく崩し、試用期間満了をもって辞めざるを得なくなりました。

幸い、入院も手術も必要ありませんでしたが、自宅療養をすることになりました。

試用期間内は傷病手当金、退職後は失業保険で、生活をつないでいました。

病気を抱えたまま、失業保険も終了してしまったら、私はどうやって生きればいいのか。不安で、不安で、たまらなくて、社労士さんに相談に行ったこともあります。

そんな風に、藁にもすがりたい思いで日々を過ごしていました。

(余談ですが、傷病手当金や失業保険をはじめ、労働に関することで問題が生じたときは、社労士さんに話してみるのも手ですよ。役所などで無料相談会を行っていることもあります)

 

まるで動物。食べることと眠ることで、頭がいっぱいだった。

自宅療養していた時期をふり返ってみると、「動物のようだったな」と思います。

生活費や再就職のこと以上に、食べることや眠ることで頭がいっぱいだったんです。

キッチンに立とうとしても、包丁を持って作業し続けることができなかったので、あまり満足に食事を作ることもできません。

身体の痛みに耐えることで精いっぱいだったので、いつもぐったりと疲れていました。

 

そんな私の楽しみは、夜の8時に近所のスーパーに行くこと。

ちょうど閉店セールが始まるころを狙うと、割引されたお惣菜が買えるので、助かりました。わっとお客さまが集まるのも、人に飢えていた私にとっては、夜祭のようでワクワクしました。

いちばんのお気に入りはドーナツ。そのスーパーに入っているベーカリーのドーナツが美味しくて、値引きシールが貼っているのを見ると、すかさずゲットしていました。自宅に戻ると、夜だというのにコーヒーを淹れて、ドーナツを頬張っていました。

ところが、食べている間は幸せなのに、お皿が空っぽになると途端に寂しさがこみ上げてくるんですよね。

「エルビス・プレスリーは、ドーナツの食べ過ぎで亡くなったんだって」

高校時代の友達が、そう言っていたことを思い出しました。

(ちなみにその友達は、こちらの記事にも登場するA子ちゃんです⇒一人暮らしで寂しい夜は、プライベートな時間を大切に。

「私もドーナツが原因で、死んじゃうこともあるのかな」

ドーナツを食べただけで、なんて大げさなんだろうと、今なら笑い飛ばすことができますが、当時はふとした拍子にそんな疑念がわき上がることもありました。

 

「生きるか、死ぬか」

そのことが頭の大半を占めていました。

まさに動物のようでした。

 

失業保険が切れる間一髪のところ、運と縁で再就職できた。

そんな泥沼のなかで這いつくばっていた私にも、ある日救いの手が入ります。

自宅療養を開始して3か月くらいが経過したころ。病状も落ち着いて、だいぶ家事もできるようになったころ。

「もしよかったら、仕事を紹介してあげるよ」

と言って、知り合いが声をかけてくれたのです。

私は生活全般を問題なくこなせるようになってから、その会社に再就職しました。

失業保険が切れるか切れないかという、間一髪のタイミングでした。

入社当時、体調に気遣ってくれた社員の皆さんには、本当に感謝しています。かえって頑張りすぎて、空回りすることもありましたが、周りの人に見守られて回復しました。

(私の空回りっぷりは、こちらの記事にも書いています⇒まだ40代?もう40代?アラフォー独身OLでも成長するのは楽しい

今では正社員として、その会社に勤め続けています。

私がここまで来られたのは、「運」と「縁」としか言いようがありません。

 

「からだの切なる声に、耳を澄ます」

ともすれば暗い話にお付き合いしてくださって、どうもありがとうございます。

でも、最初にも書いた通り、当時の自分がいるから、今の自分がいると思っています。

  • 食べたい
  • 眠りたい
  • トイレに行きたい

そんな生理的な欲求に、たった独りでとことん向かい合ったのは、後にも先にもこの時だけです。生きるか死ぬかというところまで、行き着きました。

もちろん、生活費が欲しいとか、仕事が決まればいいという、安全に関する欲求もありましたが、生理的な欲求はそれをドンと上回るくらい強かったです。

そんな生々しい欲求が満たされないと、惨めでたまらないですよね。

それでも欲求そのものは、恥ずかしいことでも悪いことでもありません。

欲求と向かい合っていったことが、社会復帰する原動力になりました。底力と言ってもいいかもしれません。

そもそも身体が資本です。土台である体力がなければ、家事も仕事もできません。

「からだの切なる声に、耳を澄ます

これが本当に、基本だと思います。

 

今、職を失くして、しかも病気を抱えている人は、辛い状況かもしれません。

心が折れてしまうことがあっても、おかしくないですよね。

それでも、からだの欲求には素直に耳を傾けて欲しいな……と思います。

世界にたったひとつしかない、からだですもん。

どうか大事にしてあげてくださいね。

コメント