「おひとりさまの本音」というブログをはじめた理由

このブログのタイトルは、「おひとりさまの本音」と言います。

このブログを書いているマホは、40代の女性で未婚。一人暮らしをはじめて、もうすぐ10年になります。

そんな私のおひとりさまの本音を、一言で表すとしたら、どんな言葉になるか。

「さみしいけれど幸せになりたい」……ということでしょうか。

本音を交えて、このブログをはじめた理由についてお話ししますね。

スポンサーリンク

おひとりさまがさみしさを感じるとき

あなたがもし一人暮らしをしているとしたら、どんな時にさみしさを覚えますか?

部屋がシンと静まりかえっているとき?

風邪で寝込んでしまったとき?

意外に思うかもしれませんが、私はものごとを決めるとき、一番さみしさを実感します。

たとえば転職をしようか迷ったとき。会社に残るべきか、辞表を出すべきか、どっちへ進めばいいか分かりませんでした。そんな時は、たった一人で荒野に立たされているような、さびしさが込み上げてきました。

一人で何でも決められることは、自由であって、嬉しいことでもあります。

それでも、手をつないで人生を歩んでいけるような家族がいれば、もっと心強いのにと何度思ったことか。

「さみしい」という感情も当たり前すぎて分からなくなるくらい、おひとりさまはさみしいです。

私がわたしを幸せにしたい

でも一方では、そんなさみしがりやの自分を、幸せにしたいという気持ちもあります。

大らかな私が、小さな自分を、見守るような感覚ですね。

一人暮らしで、健康を考えて料理をしたり、居心地がよくなるように掃除をしても、もちろん誰も見ていません。それでも、ごはんが美味しかったり、部屋がさっぱりしたときは、優しい気持ちになります。

で、ある日ふと、思いました。

日々のささやかな努力を、ブログに書き留めていけば、もっともっと自分を受け入れやすくなるんじゃないかって……

「一人でも、がんばって生きているね」

ブログがそんな風に声がけしてくれるような、パートナーのような存在になるのではないかと思いました。

おひとりさまによる、おひとりさまのためのブログ

「さみしいけれど幸せになりたい」

以上が、マホの本音です。

そんな私の思いを、正直に打ち明けられるようなブログにしたいです。

これを読んでいるあなたも、一人で陰ながら努力を積み重ねていたり、悩んでいることもあるかもしれませんね。

あなたにとってこのブログが、励みになれば幸いです。

私自身、いろんなブログを見て思うのですが、同世代でブログを運営している人のほとんどが既婚者で、未婚者はあまりいないんですよね。

独身の方のリアルな声を、もっともっと聞きたいと思います。

なので、まずは、自分から発信。

おひとりさまによる、おひとりさまのためのブログをはじめます。

コメント