一人暮らしは怖い。防犯の大事を感じた独身女性の体験談。

おひとりさまで暮らしていると、時々、心臓がきゅっと縮まりそうなほど怖い思いをすることがあります。

昨日の夜も、まさにそうでした。

「女性の一人暮らしは防犯が大事」と、アパートの真っ暗な部屋のなかで、ひしひしと痛感しました。

これから、私の身に起きた恐怖の体験について、お話ししようと思います。

スポンサーリンク

真夜中の1時。アパートの2階に不審者が。

それは、真夜中の1時頃。

本を読むのに夢中になって、つい夜更かししてしまい、そろそろ寝ようとしたときのことでした。

「コン、コン、コン……」
「コン、コン、コン……」

私はハッと玄関の方を向きました。誰かがドアをノックしています。

こんな時間に誰?もちろん、思い当たる人はいません。

2階に住んでいるため、わざわざ階段を昇らなければ、誰かが来ることもありません。

私は身を硬直させながら、耳をそばだてました。すると、

「〇〇さん……」
「〇〇さん……」

と、ドアのノックの音に合わせて、苗字を呼ぶ声がします。

怖い!!身の毛もよだつような恐怖感がわき上がって、私は部屋の電気を消しました。そして、しまったと思いました。

今、灯りを消してしまったら、玄関にいる人に、私がいることがバレてしまいます。うちの玄関の横には、曇りガラスの窓があって、そこから部屋の灯りがもれているからです。

「コン、コン、コン!」
「コン、コン、コン!」

部屋を真っ暗にしてから、ノックの音はますます強く響いてきます。声も止むことがありません。

(ちゃんと玄関のドア、閉めているよね……)

ふと、不安がよぎりました。

実は以前も、真夜中に不審者がやってきて、玄関のドアを開けようとしたことがあったのです。その時はちゃんと施錠していたので、難を免れることができました。

(今回もちゃんと、戸締りしているかな……)

布団を頭からかぶって、身体の震えを抑えようとしても、どうしても落ち着きません。

……そして、5分くらい経った頃でしょうか。

ようやくノックの音が止みました。玄関から遠のく足音も聞こえてきました。

私はほっと胸を撫でおろして、ドアに近寄りました。

「よし。ちゃんと鍵もかかっている」

ひんやりしたドアノブに手をかけて、鍵が閉まっていることを確認して、私はようやく眠りにつくことができました。

独身女性の一人暮らしは、防犯対策をしっかりと。

今夜も不審者が来ないか心配しながらも、このブログを書いているところです。

それにしても、女性の一人暮らしは怖いですね。

今回の事件で、私は3つのことを学びました。

・戸締りをきちんと確認する。

・夜遅くまで起きているときは、灯りが窓からもれないようにする。

・不審者が来たときは、場合によっては警察を呼ぶ。

玄関の鍵をちゃんと閉めるのは、防犯の基本ですね。ふだんから気をつけていますが、さらに意識したいところです。

それに、真夜中に窓を明るく照らすのは、部屋に人がいることをアピールするようなものです。雨戸や遮光カーテンを閉めるなどして、灯りがもれないように気をつけるのが大事です。

それから、昨夜は気が動転して思い付かなかったけれど、不審者が長くいるようなら、110番通報するのもありかもしれないと思いました。こんなときって、一人だと誰に助けを求めたらいいか分からないですよね。まずは警察を呼ぶべきだと思いました。

おひとりさまなら、防犯対策にも気をつけたいものですね。

コメント