まだ40代?もう40代?アラフォー独身OLでも成長するのは楽しい

40代のあなたに質問です。

あなたは「まだ40代」だと思いますか?

それとも「もう40代」だと感じますか?

「もう40代」という響きには、「ずいぶん歳をとった」というニュアンスがあるかもしれませんね。

ところが私は、それとは違ったニュアンスで、この言葉を使ってしまうことが時々あります。

「もう40代なのに、仕事がうまくできない」
「もう40代なのに、家事がこなせない」
「もう40代なのに、子どもっぽい」

……という風に。

独身の私は、既婚の友人知人と比べると、どうも大人になりきれていない感じがあります。家庭というものを持っていないからでしょうか。

外見はどんどん年齢を重ねていくのに、中身は青いまま、そのギャップに我ながらびっくりことがあります。

あなたも、40代なのに〇〇ができないという風に、落ち込むことはないでしょうか?

もしそうなら、「ここにも似たような人間がいるよ」「大丈夫だよ」と励ますような思いで、今日は記事を書きます。

スポンサーリンク

できないことがあるのは、成長の余地があること。

「もう40代なのに、〇〇ができない」

そういう思いがよぎったときは、私はこうやって考え直すようにしています。

「〇〇ができないってことは、まだまだ成長の余地があるってことだよね」と。

この年齢になっても、伸び代があるのは素晴らしいこと。

失敗しても、試行錯誤しても、それもまた笑いの種にできます。

むしろ、チャレンジし続けることで、初々しさや若々しさを保つことができると思うのですが、いかがでしょうか?

40代で新入社員!?私の成長物語

私を例に、お話ししますね。

私は40代になってから、新入社員になった経験があります。

(そのことについては、こちらの記事にも書いています⇒一人暮らしの私が断捨離。汚部屋も人生もガラリと変わりました。

40代にして、若葉マークのOL。20代くらいの男の子たちに交じって、仕事でトライ&エラーをくり返すのは、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。

「もう40代なんだから、しっかりしなきゃだめ!」と、変なプライドがあったんでしょうね。自分をがんじがらめに縛っていました。

だから、ちょっとした失敗をしただけでも、内心パニックになりそうでした。

でも、だんだんと疲れてしまって……自分を縛るのをやめました

「情けなくても、いいじゃん」
「不器用でも、いいじゃん」
「ほどほどに、一生懸命やればいいじゃん」

そう思うようになったら、楽になりました

自分でできない仕事は、20代の男性社員にお願いするようになりました。ミスをしても、そんなに落ち込まなくなりました。

もちろん、上手くできなかったとしても、向上心をもって働くようにしています。

「もう40代なんだから」という、プライドから自由になれたことが、私にとっての成長です。

「まだ40代」「もう40代」でも人生はこれから。

「まだ40代」
「もう40代」

人生を80年とすると、40代はちょうど真ん中です。

「まだ」と「もう」の間で揺れ動くのは、自然なことですよね。

しかも独身だったら、独身ならではの焦りもあるかもしれません。

でも、もし自分の年齢に縛られて、できないことを責めるようなことがあったら、思い出してみてほしいのです。

できないことがあるから、成長ができるのだと。

わたしたち、まだまだこれからですよね。

コメント