おひとりさまの誕生日。寂しくなったら、思い出してほしいこと。

一人暮らしをしている自分を、想像してみてください。

誕生日の夜に、部屋の電球が切れてしまい、真っ暗な中で孤独に過ごさなければならなくなったとしたら……どう思いますか?

実はこれ、私の実体験です。

つい最近、キッチンの電球が切れたときに、数年前のその夜のことを思い出しました。

おひとりさまで誕生日を過ごすというと、寂しい印象を持たれがちですよね。落ち込んでしまう人もいるかもしれません。

それなのに、あの誕生日の夜の出来事は、今も私を明るく照らしています。

なぜか?

これからその理由について、お話いたしますね。

スポンサーリンク

おひとりさまの誕生日の思い出

今はちょうど真夏ですが、私が生まれたのは真冬です。

もしかしたらこの文章を、クーラーの効いた部屋で読んでいるかもしれませんが、コタツがある部屋を想像してみてください。(暑苦しくて、ごめんなさい)

私はもちろん、一人暮らし

前述の通り、自室の照明は切れています

隣室から漏れる灯りだけを頼りに、ぼーっと燃えるコタツに足を突っ込んで、黙々とごはんを食べていました。

しかも片方の足首には、真っ白な包帯がグルグル巻かれていました。

ちょうど数日前に怪我をして、靭帯が切れてしまったためです。

かろうじて歩くことはできたものの、遠くまで外出したり、足場の悪いところに立つことはできません。

いつもだったら、ひょいっとディスカウントストアまで電球を買いにいって、すっと椅子の上に乗っかって、電球を替えることができるのに、それを行うこともできませんでした。

「ああ、今日は誕生日なのに」

たった一人で、コタツで背中を丸めながら、溜息をこぼしそうになりました。

ところが、その時、ひらめきました。

私は立ち上がって、戸棚からロウソクを取り出しました。100均で買った、シンプルな白いロウソクです。

それを、コタツの上にのせて、しゅっとマッチを擦りました。

ロウソクにふわっと火が灯り、暗かった部屋がうっすらと明るくなりました。

足首の靭帯が切れてからというもの、生活が不自由になり、緊張した日々が続いていました。会社に行くだけでも一苦労で、家事も最低限しかできません。

ずっと張りつめた緊張の糸が、ロウソクの灯りに照らされているうちに、静かにほどけてゆくのを実感しました。

「怪我はしたけど、命は無事でよかった」

「そもそも、生まれてきてよかった」

「お誕生日おめでとう」

そんな思いが、ふつふつとこみ上げてきました。

バースデーブルーを感じたら、心のスイッチを入れてみよう。

これを読んでいるあなたも、もしかしたら今日がお誕生日かもしれませんね。

ひとりぼっちだとしたら、寂しさを抱えていたとしても、おかしなことではないと思います。

バースデーブルーという言葉も、あるくらいです。

私もあの夜は、妙に心細かったのを覚えています。

大人になってからは、誕生日のお祝いの言葉をもらうだけでも、なんだか照れ臭くなりましたが、心のどこかではお祝いしてほしい気持ちが未だにあります。

それでも、あの夜のことが、不思議と明るい記憶となって残っているのはなぜか。

それは、心のスイッチを入れ替えることができたからだと思っています。

「誰も誕生日を祝ってくれない」と嘆くのと、「一人でも誕生日が祝える」と喜ぶのは、同じ孤独であって感じ方が違いますよね。

ロウソクに火を灯すことで、心のスイッチがパチンと切り替わって、真っ暗だった気持ちにも、パッと明かりが広がったのかもしれません。

今日がお誕生日のあなたへ。

(もしくは、数日後、数か月後にお誕生日を迎えるあなたへ)

おめでとうございます。

もしも一人でいて、暗い気持ちに囚われそうになったら、心のスイッチを探してみてくださいね。

あなたの明るい未来が、広がりますように。

 

※一人暮らしを長く続けるだけでも、すごいこと。

もしよかったら、こちらの記事も参考にしてください⇒一人暮らし10年以上のあなたへ。がんばる自分を褒める3つの方法。

☆ブログランキング参加中☆

↓応援のクリック、励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

寂しさについて
スポンサーリンク
マホをフォローする
おひとりさまの本音

コメント

  1. YUKI より:

    遅れましたが、お誕生日おめでとうございます!!

    あなたが産まれた日であり、またこの先1年間元気に過ごせますように…

    自分の心にも暖かな火を灯しましょうね。

    誕生日は自分にとっても、お知り合いにとっても、特別でとても大切な日だと

    いうことを忘れずに・・・・

    • maho より:

      YUKIさん、初めまして。
      お祝いありがとうございます!

      でも、ごめんなさい。私の誕生日は8月じゃなくて、冬なのです……。
      まぎらわしい記事の書き方をしてしまったでしょうか?
      とは言っても、お祝いは365日いつ頂いてもうれしいです!

      今日もどこかで誰かが誕生日を迎えていますよね。
      YUKIさんのおっしゃるとおり、誕生日は誰にとっても特別な日だと、私も思います。

  2. Rommy より:

    こんにちわ
    なんだかホッとする記事ですね。
    「マッチ売りの少女」を思い出しました。
    以前、母に誕生日を祝われた時、「もううれしくないよ」と言ったら、「誕生日は今まで生きて来れたことを感謝する日。だからいくつになってもめでたいし、感謝しなきゃいけない」と言われたことがあります。
    なるほどなぁと・・・今も誕生日を迎えるたびに思い出します。

    • maho より:

      Rommyさん、こんにちは。はじめまして。

      「誕生日というのは、産んでくれたお母さんに感謝する日なんだよ」
      誰かがそんな風に言っていたのを、Rommyさんのコメントを見て思い出しました。
      生まれることも、生きることも、自分ひとりの力じゃできなかったですもんね。

      誕生日はいくつになっても、めでたいものですね。
      Rommyさん、素敵なコメントをどうもありがとうございます。

  3. 匿名 より:

    こんにちは。

    ごめんなさい!
    間違えてしまいましたね。
    実際は、あと半年くらい後になりますか?

    いつも、読ませていただいて、
    「うん。そうですね!」と思ってます。

    誕生日を一人で迎えても、心の中は決して【独り】という人はいないと思います。
    皆さん、忘れないで欲しいです。

    それでも、私は…いつも一人…という人がいるなら、私からお祝いコメントを送ります。
    これから先のことを諦めずに!
    今日も暖かい気持ちを持っていてください。

    すみません。
    誕生日お祝いは、去年の分ということにしてくださいますか?笑
    次のお誕生日の時に、必ずコメント送ります!

    いつも、楽しみにしていますので…

    YUKI

    • maho より:

      YUKIさん、こんにちは。
      たびたびコメント、ありがとうございます^^

      プライバシー保護のために、誕生日は非公開なのですが、
      冬になっても覚えていらっしゃったら、いつでもコメントくださいね。
      そのお気遣いだけで、充分うれしいです。

      誕生日を一人で迎えていたとしても、本当の意味で独りの人はいないのかもしれませんね。
      私も今、一人でこの文を書き込んでいますが、YUKIさんをはじめ多くの人に支えられていると実感しています。