ひとりぼっちが寂しいのは、優しさを返しきれないからか。

ひとりぼっちで寂しいときは、どんなときでしょうか。

「寂しい」という単語を辞書で引くと、こんなことが書かれています。

(1)あるはずのもの,あってほしいものが欠けていて,満たされない気持ちだ。
(2)人恋しく物悲しい。孤独で心細い。

引用元:Weblio辞書

誰かにそばにいて欲しくて、心にぽっかり穴が開いている状態を、寂しいというのでしょうか。

でも、人から充分優しさをもらって、心が満たされているのに、それをお返しできないことも寂しいと、最近になってようやく気付きました。

もう、頭をガツンと殴られたみたいに、ハッとさせられました。

いちばん身近な例を言えば、

「親孝行したいときに親はなし」

ということでしょうか。

最近、それに似た状況を感じました。その時のエピソードと、どうやって心を持ち直そうとしているか、これからお話します。

スポンサーリンク

元・上司との思い出

つい最近、パソコンが壊れかけるアクシデントに見舞われました。

その時のことについては、こちらに書いています。

【お知らせ】当ブログの今後の更新について
【お知らせ】パソコン復旧しました

今はお蔭さまで、パソコンが調子よく動いていますが、壊れそうになったときは、夜遅くまで寝ないで原因を突き止めようとしていました。

そんなとき、何度も瞼に浮かんだのが、私にパソコンを教えてくれた元・上司の存在です。

こんな風に言うと、

「フーン、会社でパソコンの使い方を教えてくれた上司?」

と思うかもしれませんね。

それとはちょっと違います。

元・上司といっても、大学生の時のバイト先の上司で、しかも業種はパソコンとは無関係のサービス業でした。

その上司はパソコンに詳しかったので、個人的に教えてもらっていました。

パソコンを教えてくれた

私にとって上司は、まさに兄のような存在でした。

「自分のパソコンが欲しい。ホームページを作ってみたいの」

と相談したとき、

「じゃあ、僕が作ってあげるよ!うちにパーツは揃っているから、箱があれば作れるよ」

と言ってくれたときは、なんて優しいんだろうと、ビックリしてしまいました。

二人で秋葉原まで、パソコンの箱だけ買いに行き、彼に組み立てをお願いしました。

そうして出来上がったパソコンは、残念ながらすぐにエラーを起こして、使えなくなってしまったのだけれど……

彼はひたすら謝って、自分が使わなくなったMacのディスプレイを、プレゼントしてくれました。

私は自分でWindowsの入ったパソコン本体を買って、りんごマークのついているディスプレイに繋げました。

「Macのディスプレイに、Windowsのパソコンって、本当に接続できるの?」
「うん、それは互換性があるから、大丈夫」
「へー、そうなんだー」

そう納得して、なんとも不思議な組み合わせであるパソコンで、ホームぺージ作りに挑戦。

パソコンのことで分からないことがあれば、真夜中であろうと彼に電話して、質問攻めしていました。すっかり頼り切っていたんです。

(思えば昔の私は、電話魔でした。
詳しくはこちら⇒一人暮らしで寂しい夜は、プライベートな時間を大切に。

そして、ようやくホームページが完成。

彼がいなかったら、絶対に日の目を見ることはなかったでしょう。

今はこうして、WordPressでブログを運営していますが、ホームページ作りの経験がなかったら、このブログも存在しなかったかもしれません。

一人暮らしをはじめる励みになった

彼からもらった優しさは、数知れず。

私は十年前に一人暮らしをはじめました。引っ越すときに車を出してくれたのも彼です。

(もちろん、ガソリン代や昼食代などは、こちらで負担しています)

そもそも、実家にいて生活能力が全くなかった自分が、独り立ちしようと奮い立ったのも、彼の励ましがあったからです。

彼といっても、お付き合いしていたことはありません。

それでも、私にとって大きな存在を占めていました。

優しさを返しきれなくて寂しい

私のことばかり、長々と書いて申し訳ないです。

こんな風に、私にとって元・上司は特別な存在でした。

・パソコンを教えてくれた。
・引っ越しを手伝ってくれた。
・一人暮らしをするのを励ましてくれた。

ここには書ききれないくらい、彼からは優しさをもらっています。

それなのに、私はどれだけお返しできたのだろうと思うと、なんとも切なくなります。

最近、パソコンが壊れかけたとき、彼とのやりとりを何度も思い出しました。秋葉原までパソコンの箱を買いにいったことや、Macのディスプレイ、そして真夜中の電話のことなど。

不思議なことに、昔のように、彼に頼りたいという気持ちはなくなっていました。

「ああ、ここに彼がいれば、パソコンの不調も相談できるのに」

そう思うのではなくて、

「パソコンで困ったとき、本当に彼にお世話になったな。もっと恩返しできればよかったのに」

そう思うようになりました。

私が実際に一人暮らしをはじめた頃から、よほどのことがない限り、彼に連絡することもなくなりました。

彼からも独り立ちするようになったから、というのもあります。

ひとりぼっちで恩返しできない寂しさをどうするか

あなたも、人から優しくされているのに、それを返しきれなくて、寂しくなることはないでしょうか。

「親孝行したいときに親はなし」

私はそう、冒頭に書きました。

親がいなければ、生まれることも、育つことも叶わなかったのに、その恩を返しきれないことほど、やるせないことはありませんね。

もしも子どもがいれば、その恩を引き継ぐこともできるかもしれません。

でも、私のように独身の場合は、誰に恩返しすればいいのでしょうか。

これは何も、親子の縁に限った話ではありません。

おひとりさまの場合は特に、人からもらった恩を返しきれなくて、心の行き場を失うこともあるかもしれません。

それは生きがいにも関わってくるような問題だと思います。

ではどうすればいいか。

友達や職場の人や、遠く離れて住む家族などに対して、少しずつでも恩を返していけたらいいな……と、私自身はこの頃特にそう思っています。

あるいは見知らぬ人に、親切にするのもいいかもしれませんね。(席をゆずったり、道案内をするなど)

もともと、人からいただいた恩を、お返しするためのことです。

押しつけがましくすることなく、見返りを求めることなく、誰かに優しくなれたらと最近は思います。

あなたはどうですか?

☆ブログランキング参加中☆

↓応援のクリック、励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

寂しさについて
スポンサーリンク
マホをフォローする
おひとりさまの本音

コメント