部屋を片付けるのが面倒くさいとき…やる気が出る裏ワザあります。

一人暮らしの場合、どんなに部屋を散らかしても、誰からも怒られないので、片付けないまま、放置していないでしょうか。

「やる気になってから片付けよう」

そう思っても、汚部屋を見て意気消沈。いつまでたっても気力が湧きません。

家族と暮らしている場合でも、早く掃除してと言われても、疲れて動く気になれない時もありますよね。

部屋を片付けるのが面倒くさいときに、やる気が出る裏ワザを、これから紹介しますね。

スポンサーリンク

片付ける気になれないときは、まずは片付けてみる

結論から先に言います。

やる気が出なくて、片付けられないとき。
まずは片付けをはじめることで、やる気が出ます。

「え?やる気がないから、片付けをはじめられないんでしょう?」

と思うかもしれませんね。

でも、これには根拠があります。

まったくやる気がなくても、とりあえず体を動かすことで、だんだんと気分が盛り上がる現象を、「作業興奮」と言います。

(この現象は、心理学者のクレペリンによって提唱されました)

体を動かすことで、脳の前頭葉の血流がよくなって、ドパーミンなどのホルモンの分泌が活発になるからです。ドパーミンは、意欲を起こすホルモンです。

たとえば、片付けはまさにそう。

最初のうちは億劫でも、とりあえず半径1メートル以内の整頓していたら、そのうち調子が乗ってきて、気がつけば部屋中がキレイになっていた、なんてことはないでしょうか?

片付けをしているうちに、脳のやる気のスイッチが入って、どんどんキレイにしたいと思うからです。

「作業興奮」は、家事・仕事・勉強でも応用可能

「作業興奮」は、さまざまな家事で応用可能です。

・料理をする
・皿を洗う
・洗濯物をたたむ
・アイロンがけをする
……等々。

一人暮らしの場合は、基本的に誰も家事をしてくれないので、後回しにしていると、やるべきことが溜まっていく一方なんですよね。

やることが山のよう積み重なって、押しつぶされてしまう前に、まずは手をつけてみることをお勧めします。

仕事勉強でも、「作業興奮」は役立ちますよ。

・パソコンに向かう
・テキストを広げる
……等々。

まずはちょっとした行動に出てみるのは、いかがでしょうか?

動くことで、やる気が起きる

とりあえず、動いてみる。

やる気を出す上で、これがとても大事です。

私も独り身で、日中は会社で働いているから、夜になって家に帰ってきても、ダラダラしてしまうときもあるんですよね。

それでも、とりあえず夕飯の準備をしてみたら、明日のお弁当もいっしょに作っていたなんてことは多いです。ついでにキッチンも片付けようという気にもなります。

とりあえず、動いてみる。

片付けも何もかも面倒なとき、ためしてみてくださいね。

コメント