すごい。サザコーヒーecute大宮店にひそかに感動。

大宮駅のなかにあるサザコーヒーecute大宮店が、2018年3月20日にリニューアルしたので、行ってきました。

今日はそのときの感想について、お話しますね。

大宮駅って、新幹線も止まるくらい広い駅。お店の前も人通りが激しいです。

それなのに、ひとりでカウンター席に向かって、コーヒーカップに口づけていると、不思議と落ち着けました。

コーヒーの味に、密かに感動してしまったほどです。

スポンサーリンク

サザコーヒーとは?

サザコーヒーがecute大宮でオープンしたとき。

「わー!雰囲気がいいお店!海外に本店があるのかな?」と思っていましたが、なんと本店があるのは、茨城県のひたちなか市。

茨城県に9店舗、東京都に2店舗(品川・二子玉川)、そして、ここ埼玉県に1店舗(大宮)、コーヒーショップを構えています。

茨城県ではなんと、「スターバックス」や「コメダ珈琲店」よりも集客を誇っているとのこと。すごいですよね。

サザコーヒーecute大宮店の感想

さて、お待ちかね。

リニューアルしたサザコーヒーecute大宮店の感想です。

お店の壁の色は、黒からストーン色になって、温かみが増しました。

本日のコーヒーを注文(Mサイズ:430円)。お店で飲んでいくとお願いしました。

可愛いカップでサービス。

ポーランドの代表的な陶器会社である、セラミカ・アルティスティッチナ社のカップを使っているとのこと。手作りのため、色も形も、全て同じものはひとつもないそうです。

リニューアル記念で、コインチョコもプレゼントしてもらいました。うれしいです。

そして、コーヒーを一口。

私が今まで飲んできた、どんなコーヒーよりも、すっきりしています。

苦味が強いのに、嫌な後味が全く残らないんです。ほのかな甘みさえします。

カウンター席に座って、壁に向かっていると、背後の騒がしさも不思議と気にならなくなりました。

くり返しになりますが、コーヒーの味に、密かに感動してしまったほどです。

サザコーヒーのここがすごい

サザコーヒーは、知れば知るほどこだわりがあって、奥が深いお店です。

最後になりますが、私が特にすごいと感じた、3つのこだわりを紹介します。

コロンビアでコーヒーの直営農園を経営

サザコーヒーの創業者の鈴木誉志男さんは、英語もスペイン語も話せなかったにも関わらず、熱意と人脈だけで、コロンビアのコーヒー農園を買い取ったとのこと。

さらにはこの農園、2017年のコロンビア国内品評会で優勝したそうです。

最高級のコーヒー豆・パナマゲイシャを販売

サザコーヒーのオンラインショップを見て、びっくりしました。

コーヒー豆100gあたり35,000円で売られています。

私の一か月分の食費よりも高いじゃん。

徳川将軍コーヒーを商品開発

徳川慶喜のひ孫である徳川慶朝さんが、慶喜公が飲んでいたコーヒーを現代に再現して、商品化したもの。

歴史とロマンがありますね。

ecute大宮店では、パナマゲイシャは販売されていませんが、徳川将軍コーヒーなら飲むことができます。

* * *

サザコーヒーの魅力について、お話ししました。

いかがでしたか?

書けば書くほど、その奥深さにはまってしまいそう。

続きは公式サイトでご確認くださいね⇒サザコーヒー

ジャンル:コーヒー専門店、喫茶店
交通手段: JR大宮駅構内 ecute大宮
TEL:048-648-8737
住所:埼玉県さいたま市大宮区錦町630 エキュート大宮
営業時間:[月~土]6:30~22:00、[日・祝]6:30~21:30、日曜営業

☆ブログランキング参加中☆

↓応援のクリック、励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

埼玉おすすめ情報
スポンサーリンク
マホをフォローする
おひとりさまの本音

コメント