忙しい時も安心できる常備菜:一人暮らしの作り置き(5)

先週末、ようやく料理を作り置きしました。

その前の週は、土日とも外出していたため、スーパーに行く時間も、キッチンに立つ時間も取れなかったのです。

久々に冷蔵庫に常備菜がない状態で、平日を過ごしました。

そうしたら、もう散々な結果に。

栄養が足らなったせいか、夏風邪とまでは行かなくても、体がフラフラになってしまいました。

そんななか、簡単にできる常備菜を作ってみました。

忙しい時も、これがあれば安心です。

スポンサーリンク

常備菜のメニューと簡単レシピ

では、今回のメニューとレシピを紹介します。

  • 鶏肉の甘酢ケチャップがらめ
  • ゆで卵の塩漬け
  • カレー風味のマリネ
  • こんにゃくとちくわの味噌煮込み風

順を追って説明しますね。

鶏肉の甘酢ケチャップがらめ

鶏むね肉に塩と砂糖をすりこみ、片栗粉をまぶして炒めて、ケチャップ・りんご酢・醤油で味付けしました。

レシピサイトの「つくおき」を参考にしています。

(常備菜作りで困ったときには、いつもお世話になっているサイトです)

参考 身近な調味料で。鶏肉の甘酢ケチャップがらめ(つくおき)

いつもはネットでレシピを調べても、自分流にアレンジすることが多いのですが、今回はこのレシピのまま作りました。

時間短縮のため、お肉はすでにスライスされたものを買いました。

ゆで卵の塩漬け

コンビニで売っているような、うす塩味のゆで卵。

実は自分で作ることができるんですよ。

ゆで卵を塩水に漬け込むだけの、シンプルなレシピです。

こちらのメニューも、「つくおき」で見たとおりに作りました。

参考 ザ・シンプル。ゆでたまごの塩漬け(つくおき)

ちなみにこれと似たような作り方で、醤油味の煮卵もできるんですよ。

詳しくはこちら⇒常備菜に飽きないための3つの工夫:一人暮らしの作り置き(3)

カレー風味のマリネ

このところ、毎回のように作っているマリネ。

りんご酢・醤油・砂糖に、カレー粉を混ぜて、カレー風味にしました。

カレー味のものって、妙にテンション上がりますよね。いつものマリネも、美味しくいただくことができました。

具は、スライスして水にさらしたタマネギと、軽く茹でたピーマンとしめじです。

こんにゃくとちくわの味噌煮込み風

こんにゃくとちくわが、家に余っていたため、消費するために作りました。

水と醤油とみりんで煮込んで、水気が飛んだころに火を止めて、最後に味噌と七味唐辛子をからめました。

なので、正確に言えば味噌煮込みではありません。

味噌の風味を残したかったのと、水分をあまり残したくなかったためです。

おかげで、お弁当のおかずにも使えそうな一品になりました。

忙しいときも体がほっとする常備菜

さて、私が忙しさのあまり体調が不安定になったのは、前述のとおりです。

そんななか、なるべく簡単な方法で、常備菜を作ってみました。

  • すでにスライスされた鶏肉を買う
  • レシピサイトに頼る

これらも、自分の負担を軽くするための工夫です。

で、久々に手製の常備菜を食べたのですが……

お箸を口に運んだ瞬間、不思議とほっとしてしまいました。

お肉やお野菜を噛みしめていると、栄養が体にしみわたるようでした。

一人暮らしをしていると、仕事も家事も全部こなさなければならないから、料理をする時間はおろか、食べる時間もおろそかになりそうな時があります。

でも、自分のためにも、ちゃんと栄養を取った方がいいと実感しました。

何よりも、ごはんを食べていると、幸せな気持ちになれますよね。

コメント