ひとり鍋最強論。食費も時間も、実は節約できます。

春とは言え、まだまだ寒い日が続きますね。

冷える夜は、温かいものを食べたいと思うのは、私だけでしょうか?

この冬をふり返ってみると、例年以上に土鍋が大活躍してくれました。

私は一人暮らしで、日中は会社勤めをしているため、なかなか料理をつくる時間がありません。それでも家に帰って夕ご飯を作るとき、この土鍋があってどんなに心強かったことか。

湯豆腐、キムチチゲ、味噌煮込みうどん、等々……作るものは、さっと作れる簡単なものばかり。それでもお腹が温まって、お財布も満足しました。

そう。お鍋は「節約」するのにも、味方になってくれます。

「ええ!?この冬、野菜がものすごく高かったじゃない。どこが節約になるの?」と思うかもしれませんね。

でも工夫次第で、いくらでもコストダウンは可能です。

ひとり鍋がいかに節約になるか、3つの点から力説してみますね。

スポンサーリンク

土鍋で節約できる3つのもの

1. 食費の節約

材料を一週間分くらいまとめ買いすれば、一日ごとに個別で買うよりも、食費をぐっとお安くすることができます。

同じ材料でも、日によって味付けを変えれば、飽きないですものね。月曜日は塩ちゃんこ、火曜日は豆乳鍋という風に。

葉物や葱が高くても、もやしのように値段が安定しているものを買えばいいと思います。

「白菜1/4が200円なんて信じられない!」と悲鳴を上げそうなときでも、一袋20円のもやしなら手が届きやすいですもんね。

2. 光熱費の節約

土鍋は温まるのに時間がかかるけど、一度温まったらなかなか冷めないですよね。要は保温性がいいんです。

温まったと思ったら、ガスの火を消しても予熱で煮込んでくれます。テーブルに置いてからも、熱々のまま食べることができます。

3. 時間の節約

鍋料理は、野菜やお肉をザクザク切って入れるだけの簡単なものなら、調理する時間がかかりません。しかも洗い物も少なくなるから、本当に助かります。

冬は寒いから、キッチンに立つ時間もできるだけ節約したいですもんね。

一人暮らしの鍋料理は、費用も時間も節約になる。

ひとり鍋がいかに節約になるか、3つの点からお話ししました。

「食費」
「光熱費」
「時間」

この3つを節約できたら、本当に嬉しいですよね。

一人暮らしの場合は特に、「時間」の節約ができることが重要だと思います。

私は実は前年まで、土鍋をさほど活用していなかったんです。煮込むのに時間がかかると思っていたから。家に帰った後はお腹がペコペコだから、早くご飯の支度をしたかったというのもあります。

ところが、火を止めて予熱で煮込んでいる間に、洗濯だろうと掃除だろうと、何でもできると気づいたときから、時間をうまく使えるようになりました。

仕事も家事も、なんでも一人でこなさなければならないから、スーパーに材料を買いに行く回数も、調理や洗い物にかける時間も、できるだけ減らしたいんです。

大きな目で見れば、費用はもちろん、時間も節約できるのが、鍋料理の魅力です。

急がば回れ。

忙しいときほど、土鍋を活用してみるのはいかがでしょうか。

☆ブログランキング参加中☆

↓応援のクリック、励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

自炊
スポンサーリンク
マホをフォローする
おひとりさまの本音

コメント