おひとりさま生活に疲れたときのミュージックセラピー

おひとりさまで生きていると、疲れることだってあります。

「独身だと気楽でいいね」という人もいるけど、とんでもない。

仕事も家事も、一人で全部やらなければならないので、一日が終わるころにはクタクタになってしまいます。

「一人で全部やらなければならない」と思い込む必要は、本当はどこにもないのだけれど、自分を追いつめてしまって、ますます辛くなってしまうんですよね。

40代で未だ独身、OLをしている私にも、そんな時があります。

じゃあ、外や内からのプレッシャーに押しつぶされそうになって、グッタリくたびれてしまった時は、どうすればいいんだろう考えたとき、ふとひらめいたことがありました。

疲れている時こそ、音楽を聴いてみようと。

「え?なぜここで、音楽の話になるの?」と思うかもしれないけれど、ちょっと待ってください。

ひとりで疲れてしまったときこそ、ミュージックセラピーをおすすめしたい理由について、これからお話しますね。

スポンサーリンク

ひとりきりの時に音楽を聴いてみるといい3つの理由

音楽は受け身でも聴ける

音楽は手ぶらで聴くことができます。

食事をしながら、歯をみがきながら、掃除をしながらでも、何もせずにボーっと寝転がっているときもです。

疲れているときは、それこそ何もしたくありませんよね。

身動きがとれないときでも、心地よいメロディーに身をゆだねることはできます。

音楽は自分以外の人生を体感できる

歌詞つきの曲は、大体平均3分程度。

そのわずかな時間に、人生がギュッとつまっています。

長い小説を読んだり、映画を観るよりも、あっという間に主人公の人生を追体験できます。

もちろん、人物が出てこない詞もあるし、そもそも詞がない曲もあるけれど、それでも作詞家や作曲家や演奏家の想いには触れられますよね。

自分ひとりで生きているような気持ちにとらわれているときは、他の人の気持ちになってみることが、孤独が癒されるきっかけになるかもしれません。

いい音楽ほど孤独から生まれている

私自身、元々は音楽畑の人間です。

だからこそ、身をもって実感していることがあります。

心を動かすような音楽ほど、孤独の果てから生まれているという事実。

たとえば、ほとんどのミュージシャンは、たった一人で気が遠くなるほど長い時間をかけて、練習をつみ重ねています。

作詞家や作曲家だって、たった一人で静寂に向かい合って創作しているでしょう。

なかには、バンドでセッションを繰り返している人や、詞や曲を共作している人もいるかもしれませんが、それでも基本は「個」です。それぞれの個性がなければ、いいものは作れません。

音楽は孤独から生まれてくるものと知っているからこそ、寂しいときに聴くと、ぐっと心がこみ上げてきます。

おひとりさまのミュージックセラピー

ひとりで疲れてしまったときに、音楽に触れてみた方がいい理由についてお話しました。

ミュージックセラピーなんて、堅苦しい言葉を使っているけれど、好きな曲を聴いているだけで、本当に癒されますよ。

私も最近、会社で仕事をひとりで抱え込んでしまっていて、肩にどっと重荷がのしかかっているときがあります。

でも、一日の終わりに音楽を聴くと、ふっと心が軽くなります。

ちなみに今ヘビーローテーションしているのは、以前もブログで紹介したポール・マッカートニーの「エジプト・ステーション」

ミッドライフ・クライシス(中年の危機)を克服したロックスターの話

これを書いている今も、このアルバムをかけているのだけれど、76歳でかっこよくロックしているポールの声を聴いていると、みるみる元気が湧いてきます。

「さ、明日もがんばろう!」という感じで。

一人暮らしの静かな部屋に、とびきりのメロディーを満たすことが、私にとってのミュージックセラピーです。

NO MUSIC, NO LIFE.

音楽がある人生って、やっぱりいいですね。

☆ブログランキング参加中☆

↓応援のクリック、励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

ひとりの楽しみ方
スポンサーリンク
マホをフォローする
おひとりさまの本音

コメント